TECO
水槽用クーラー

水槽用クーラー

TR/TC

TR/TCシリーズについて
夏場の水温上昇を防ぐには水槽用クーラーが必需品です。水温が適正値を超えたり変動することは飼育している生体にストレスを与え、病気や死亡の原因になります。
TECOのTCシリーズにはヒーターが内蔵されており、1年を通して水温を一定に保つことができます。またTC-10、15、20にはUV殺菌等が内蔵されていますので、生体の病気の予防や飼育水の透明度の維持にも効果があります。

TR/TCシリーズ

TECOクーラーのボディカラーがホワイトになります。愛称パンダ

TR/TCシリーズの特長

TC-5/TR-5

TC/TR-5

TC-10・15・20/TR-10・15・20

TC/TR-101520

モデル TR/TC-5 TR/TC-10 TR/TC-15 TR/TC-20
定格電圧 110V
定格周波数 50Hz/60Hz
定格消費電力
(冷却時)
140/180w 245w 285w 460w
定格消費電力
(加温時)
400w
カロリー(Kcal/h) 140/160 250/300 420/500 560/660
冷媒 R134a
殺菌灯寿命 - (TC)9000時間
接続ホース内径 16-19mm
適合流量(毎時) 400リットル 500-1000リットル
本体サイズ 幅24cm × 奥行き37cm × 高さ34cm 幅27cm × 奥行き43cm × 高さ40cm
重量 12kg 15kg 18kg 20kg
定価(税込) (TR)77.760円
(TC)83,160円
(TR)108.000円
(TC)151.200円
(TR)135,000円
(TC)178.200円
(TR)155.520円
(TC)197.640円

TCシリーズには、ヒーターと殺菌灯が標準装備となっています。(TC-5はヒーターのみ)
※下記の計算式で冷却能力(Kcal)を算出後、カロリー(Kcal/h)と見比べて製品をお選び下さい。

水槽用クーラーの選択方法

クーラーを選択する場合には、下記の計算式をもとに設置する水槽に適合した製品をお選びください。水槽周辺、水槽設置機器からの熱の影響を十分に考慮し、冷却能力に余裕を持った製品をお選び頂くことをお勧めします。

下記の計算式をもとに、必要とする冷却能力(Kcal)を算出してください。

計算式:

〔システム総水量×温度差÷稼働想定時間+熱損失量×Kcal/h換算率(0.86)〕×余裕率(1.2)

システム総水量
水槽の外形寸法をもとに算出します。オーバーフローシステムの場合には同様にろ過槽分の水量も算出し、合算します。
温度差
水槽周辺温度(外気温) - クーラーの設定温度
稼働想定時間
1日にクーラーが稼働する想定時間
熱損失量
水槽用照明、プロテインスキマー、水中ポンプ、殺菌灯など水温に影響を与える機器の電力の合計(w数)
Kcal/h換算率(0.86)
w数をKcal/hにするための換算
余裕率(1.2)
冷却能力余裕率

計算例

幅90cm×奥行き45cm×高さ45cmの飼育水槽と、幅45cm×奥行き40cm×高さ30cmのろ過槽に、ライト150w、プロテインスキマー18w、水中ポンプ10w、殺菌等16wを装備したシステムの水槽用クーラーを選ぶ場合。

水槽周辺温度(外気温)=35℃、設定水温=25℃、稼働想定時間=15時間と仮定します。

システム総水量 =
(9×4.5×4.5)+(4.5×4×3) = 約236リットル
温度差 =
35℃ - 25℃ = 10℃
稼働想定時間 =
15時間
熱損失量 =
150w+18w+10w+16w = 194w

計算式:

〔236×10÷15+194×0.86〕×1.2=387.6Kcal

冷却能力=387.6Kcal < カロリー(Kcal/h)=420/500から、最適な水槽用クーラーはTR-15、もしくはTC-15となります。

この製品は取扱説明書がダウンロードができます。

水槽用クーラー